地名「安方」の変遷

安方が地名として、最初に登場したのは鎌倉北条時代です。
江戸「安方村」。
次に前述の江戸徳川時代に、六郷領「安方村」。

明治2年 品川県「安方村」
明治4年 東京府第七大区四小区「安方村」
明治11年 荏原郡「安方村」
明治22年 荏原郡矢口村「安方」(蓮沼、道塚、小林、
安方、原、今泉、下丸子、古市場、矢口の
9ヶ村を併せて矢口村となる)
昭和3年 荏原郡矢口町「安方」
(矢口村が矢口町となる)
昭和7年 蒲田区安方町(矢口町、蒲田町、六郷町、
羽田町と併せて東京市蒲田区となる
昭和22年 大田区安方町(大森区、蒲田区と合併、
大田区となる)
昭和42年 安方町は廃止、東矢口二丁目、多摩川
一丁目となる。


「安方」という地名は、前述のとおり昭和42年、住居表示の条例改正のさいに
廃止されてしまい、現在は存在していません。安方南町会は、大田区東矢口
二丁目の一部と多摩川一丁目の一部で構成されています。

現在、安方の地名を残す公共機関、施設等
安方南町会・・・ 昭和27年5月、安方会を南北に分割、安方南町会創立
安方北町会・・・ 昭和27年5月、安方会を南北に分割、安方北町会創立
安方ときわ会・・・ 昭和26年、安方明治会創立、のちに安方ときわ会に改名
安方神社・・・ 安方神社参照
安方中学校・・・ 昭和36年4月、安方町67番地に開校
安方郵便局・・・ 昭和13年4月、多摩川一丁目8番地5(現住所)に開局